タイ古式出張マッサージ イーストは東京都心部の滞在先のホテル、自宅などへ高い技術の出張タイ古式マッサージをお届けします。「タイム割引き」「カップル割引き」など各種割引もご用意!この機会に。

タイ古式出張マッサージ イースト

 03-6666-9440

お知らせ

準備中

東洋医学

日本の東洋医学の歴史

更新日:

「日本の東洋医学の歴史」紹介です。

 

当店、タイ古式出張マッサージのイーストはお客様の東京都心部の滞在先のホテル、自宅などへ高い技術の出張タイ古式マッサージをお届けします。
「タイム割引き」、「カップル割引き」、「週末割引」など各種割引もご用意しています。この機会にぜひ、皆様のご利用をお待ちしています。
「なぜ今、タイ古式なのか?!」を体感ください。
                         
日本の東洋医学の歴史」の紹介です。
*  「日本の東洋医学の歴史」について、不明点・質問など、そしてご予約は下記からどうぞ。

❶ その歴史

紀元7世紀(飛鳥、奈良時代)ころ、遣隋使、遣唐使として中国渡った留学生や僧侶が、当時の中国の差案先端の医学を日本に持ち帰ったことが、日本における東洋医学の幕開けです。ここから中国の伝統医学をベースにした東洋医学がスタートします。

その後、江戸時代期の鎖国などもあり、その輸入医学は日本国内で独自の発展をしていきます。

やがて江戸時代後期にはオランダより西洋医学が日本上陸します。それまでは中国医学が全盛の日本に新風が吹き、やがてオランダ医学が蘭学、もしくは蘭方と呼ばれるようになり、従来の中国医学は「漢方」と呼ばれるようになる。

1883年、国家資格の医師免許資格が西洋医学と決定したことにより、その後の流れが決定的になり、今に至る。西洋医学が正式採用されます。一方、東洋医学は日陰の時代が続きます。しかし、近年は東洋医学の再評価が医学界の中でもされている。

 

備考:中国においても共産主義の中、中国医学も「神」という概念も以前はその理論の中にあったが、削除された。共産主義進展のなか、哲学的理論も削除変更が加えられて、今に至る。

 

❷ その再評価

中国、韓国、日本などの東アジアにおいては、西洋医学=「現代医学」と「東洋医学」(=中国伝統医学)の二本立ての医療といえる。しかし、上記にも触れたように近年、東洋医学の復興が顕著である。しかし、この現象は東アジアに限ったことでもないらしい。

欧米の医療関係者から「伝統医学再評価の動きは、単にアジアだけの問題でなく、汎世界的なもの・・・」ということも発言されている。

-東洋医学
-

Copyright© タイ古式出張マッサージ イースト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.